ひげなしおやじのひとりごと

田舎暮らし、旅と粘土遊び

旅、旅、旅。

ryokou2.jpg ryokou.jpg

秋は旅行のシーズン、南信州から帰宅したらまたまた旅行が待っていた。10月1日から2日は京都へ小学校の同級生の会、10月11日ー13日は「北信州志賀高原」へ紅葉を見る旅、11月12-13日は富山の寺尾温泉へ高校のメイト、11月25-26日は全国からの有志の、京都へ紅葉を見る会と続いている。この年齢になるとみんな時間持ちになってどこかに行きたくなるようだ。あまりに続くためにどれかを欠席にする予定だ。出来るだけ滅多に会うことのない仲間に会いに行こう。

、これだけお誘いがかかることには心から感謝しよう。ありがたいことだ。家族共々に心身共、健康であるおかげだ。早く死んでいった友には申し訳ない。夢でもよいから彼等に会って話をしたいと思うがどうにもならぬ。長生きの遺伝子を与えてくれた両親に感謝するのみだ。しかも永らく戦争もなく日々平穏に過ごせることはなんて幸せか、感謝感謝の何よりもない。

海外を含めていろいろなところへ行ったものだ。体力的に過酷な旅はもう出来ないが、過去に訪れた場所はテレビ、ビデオで振り返り、懐かしく思い出している。そしてあの時あの国で会ったあの人は今頃どうしているのだろう。と振り返るこの頃だ。人生の旅は最高だ。   9月26日記
スポンサーサイト



 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

だべりおやじ

Author:だべりおやじ
「だべり小屋」主宰
次の方 小屋入室大歓迎
1、あつかましい人
2、気を遣わない人
3、義理欠く人
4、マイセルフの人
心身ともに、ころもを脱いでお入りください。

 「だべり小屋讃歌」    
    益田兼大朗 作詞作曲  
1、夕日が落ちて 吹く風が
  やさしくつつむ 夕暮れに
  おいで集まれ みんな来い
  明日の夢を話そうよ
  若狭瓜生の だべり小屋
  呑んで歌って また呑んで
  これからは これからは
   あなたも 私も
  仲間同士になりました

2、3, 略

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん