ひげなしおやじのひとりごと

田舎暮らし、旅と粘土遊び

ひとり旅その後

PAJYERO2.jpg PAJYERO.jpg

別府の鉄輪温泉でひとり旅同士、ご一緒した千葉県の自称旅行家 O 氏のご子息から次のようなコメントをいただいた。ブログネームを言っておいたので探してくれたようだ。

息子からおやじ様へ
「はじめまして。 旅先で父がお世話になったようでありがとうございました。昨日25日(木)に無事帰宅した父から、早速おやじ様の話を聞きました。話しは弾み、おやじ様の連絡先を聞いていなかったのが本当に残念だったようです。
父はアナログ人間なのでブログの事など解りませんが、おやじ様のブログはブックマークして今後も見続けると言っておりました。以下略」

おやじも、もう無事に帰られたかなあ、と気にしていたところだったのでホッとした。早速GOOGLEで住所を確認、八千代市の所在を確かめた。お父さんももう一度どこかで会って旧交を温めたい由、おやじも望むところである。これから種々旅の情報を頂けるのが心強い。何せ日本中をパジェロで駆け廻っておられるから生の情報が手に入る。ひとつ気がかりなのはどうも御子息が身体がよくないとのこと、お会いしてしゃべりまくった時にはそのようなことは全然お聞きもしてなかったのに、さぞご心配のことだろう。

今日、コメントいただいたご返事を出そうと思っているが知らない土地で初めて出会った人にこうして繋がりができたことはまさに「ひとり旅」の特権と喜びであろう。これからもお互いに元気で「ひとり旅」を満喫しましょう。また珍しい情報があったら知らせてください。今度は日本のどこで一献傾け合えるか、またひとつ楽しみが増えてきた。
スポンサーサイト



 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

だべりおやじ

Author:だべりおやじ
「だべり小屋」主宰
次の方 小屋入室大歓迎
1、あつかましい人
2、気を遣わない人
3、義理欠く人
4、マイセルフの人
心身ともに、ころもを脱いでお入りください。

 「だべり小屋讃歌」    
    益田兼大朗 作詞作曲  
1、夕日が落ちて 吹く風が
  やさしくつつむ 夕暮れに
  おいで集まれ みんな来い
  明日の夢を話そうよ
  若狭瓜生の だべり小屋
  呑んで歌って また呑んで
  これからは これからは
   あなたも 私も
  仲間同士になりました

2、3, 略

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん