ひげなしおやじのひとりごと

田舎暮らし、旅と粘土遊び

アカデミー賞受賞ハートロッカーを観る

ha-to2.jpg ha-to.jpg

アカデミー賞受賞作「ハート・ロッカー』(The Hurt Locker)は、2008年のアメリカ映画。イラクを舞台としたアメリカ軍爆弾処理班を描いた戦争アクション。

タイトルになっている「hurt locker」とは、アメリカ軍の隠語で「苦痛の極限地帯」「棺桶」という意味。 2008年のヴェネツィア国際映画祭、トロント国際映画祭で上映。第82回アカデミー賞では作品賞を含む9部門にノミネートされ、作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、編集賞、音響編集賞、音響調整賞の6部門で受賞した。

前評判も良かった作品故、封切されたら見てみようと狙っていたが、見に行ってきた。イラクにおける米「爆薬処理チーム」の行動があからさまに映画化されている。はじめからのイデオロギーや片寄ったことがなく、素直に見られた。

上映中はいつ何どき仕掛けられた爆弾がさく裂するか緊張の連続、引き込まれてわがことのように、心臓が高まった。進むべき道を誤ったリーダーによって、平和な家庭を犠牲にした兵隊がどれだけ生死をかけて頑張っているかを思い知らされた2時間弱であった。一見の価値はある。それにしても戦争はもう懲り懲りだ。おやじの子供時代だけにして欲しい。
スポンサーサイト



 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

だべりおやじ

Author:だべりおやじ
「だべり小屋」主宰
次の方 小屋入室大歓迎
1、あつかましい人
2、気を遣わない人
3、義理欠く人
4、マイセルフの人
心身ともに、ころもを脱いでお入りください。

 「だべり小屋讃歌」    
    益田兼大朗 作詞作曲  
1、夕日が落ちて 吹く風が
  やさしくつつむ 夕暮れに
  おいで集まれ みんな来い
  明日の夢を話そうよ
  若狭瓜生の だべり小屋
  呑んで歌って また呑んで
  これからは これからは
   あなたも 私も
  仲間同士になりました

2、3, 略

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん