ひげなしおやじのひとりごと

田舎暮らし、旅と粘土遊び

後遺症

kobura.jpg
伊吹山、養老の滝と暑いさなかに続けて登山した後遺症が帰宅して3日目に出てきた。まずは足の筋肉がパンパンに張って今日はコブラ返りの症状が出た。ゆっくりと手でほぐしてみる。昨夜は度々目が覚めて眠れなかった。それに急に悪寒がして毛布をかけたり外したり大量の汗の放出で、自動体温調節機が故障をきたしたらしい。朝飯を食べようとしたら歯が痛くて噛めない。長時間かけて食事を済ませ、またベッドに転ぶ。するといつの間に寝たのか目が冷めたら正午前になっていた。

いつもは日中には寝られない体質だがよほど疲れたようだ。すると今度は山の上がり下がりで腰を痛めたのか痛みが出てきた。「何時までも体力があると思っていたらあかんぞー」、と自省の念しきり、やっぱり猛暑の中「養老の滝」へ足を伸ばしただけが体力オーバーだったのだ。

昨日と一昨日は静かに小屋で疲労を回復させるのに読書オンリーで時を過ごしたがまだ完全に復調とまでは行かぬ。かなり身体を酷使したようだ。歩くと平衡感覚が支障をきたしたせいかまっすぐ歩行出来ない。こういう症状を幾度も体験しながら少しずつ老いて行くのだなあ、としんみり、

昔から気が入ると集中して疲れや限度と言うものを知らなくなる性格はまだなくならない。ゆっくりと養生しよう。
スポンサーサイト



 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

だべりおやじ

Author:だべりおやじ
「だべり小屋」主宰
次の方 小屋入室大歓迎
1、あつかましい人
2、気を遣わない人
3、義理欠く人
4、マイセルフの人
心身ともに、ころもを脱いでお入りください。

 「だべり小屋讃歌」    
    益田兼大朗 作詞作曲  
1、夕日が落ちて 吹く風が
  やさしくつつむ 夕暮れに
  おいで集まれ みんな来い
  明日の夢を話そうよ
  若狭瓜生の だべり小屋
  呑んで歌って また呑んで
  これからは これからは
   あなたも 私も
  仲間同士になりました

2、3, 略

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん