ひげなしおやじのひとりごと

田舎暮らし、旅と粘土遊び

坑道外コースを歩く

ikuno10.jpg
ikuno11.jpg

銀山の坑道を抜けて地上に出る。途端に空気が生ぬるく感じる。身体は入った時よりもスムーズに受け入れてくれた。

次は「鉱山資料館」へ、
 「大同2年(807年)に開坑し、信長・秀吉・徳川幕府の時代を経て明治元年には政府直轄となり、その後は皇室財産にまでなった大鉱山・生野銀山。その栄光の歴史を、パネル展示などにより紹介しています。
 
また徳川時代の雁木(がんぎ)梯子、竹樋(坑内の水を汲み上げたポンプ)、精錬に使ったふいごをはじめ徳川時代の銀山の様子を詳細に描いた絵巻物、坑内模型などの資料も豊富に展示。当時の雰囲気が、伝わってきます」


  「下の図は、巨大模型の一部です。縮尺は15分の1、高さは568cm、幅は1440cm。
  蟻の巣状に採掘されている地中に黒い筋が描かれているのが、銀鉱脈。
  「但州生野銀山々内緒山敷中品々道具類絵図」(たんしゅういくのぎんざんさんないしょざんしきちゅうしなじなどうぐるいえず)などをもとに道具を、また徳川時代の銀山絵巻などを参考に150体の人形で再現されています。」


地下の工場と分業体制

  「真っ暗な地下で人手が頼りの作業です。照明はサザエの殻に油を入れ、一人一人の灯火としました。鉱石を取り出す仕事は、順にいうと探鉱、測量し、稼行を予測しその上で採鉱、運搬となるですが、この他大切な作業に鉱石の検査、労務監理、排水、換気作業、坑道維持の為の支柱造りなどあります。
  役職名でいえば間切改め、掘り大工、水替え、風廻し、山留大工、改め役と色々ある通り、作業は多くの人々の分業で成り立っていたのです」
働く人は何人いるのでしょう?


  ikuno12.jpg
地下の工場と分業体制

さらに幾つもある坑口の跡を地上から見るのにゆっくりと山道を登った。
よくも徳川の時代の文明の利器もなくこんな大工事を成し遂げたものだと驚嘆、人間の偉大さにサプライズの連続。
まさに命をかけた働きアリそのものであった。

 

 
スポンサーサイト



 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

だべりおやじ

Author:だべりおやじ
「だべり小屋」主宰
次の方 小屋入室大歓迎
1、あつかましい人
2、気を遣わない人
3、義理欠く人
4、マイセルフの人
心身ともに、ころもを脱いでお入りください。

 「だべり小屋讃歌」    
    益田兼大朗 作詞作曲  
1、夕日が落ちて 吹く風が
  やさしくつつむ 夕暮れに
  おいで集まれ みんな来い
  明日の夢を話そうよ
  若狭瓜生の だべり小屋
  呑んで歌って また呑んで
  これからは これからは
   あなたも 私も
  仲間同士になりました

2、3, 略

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん