ひげなしおやじのひとりごと

田舎暮らし、旅と粘土遊び

2012年の最後

103.jpg


2012年(平成24年)もあと数時間だ。振り返ると公私共にあまり良い年とは言えなかった。

周知の通り世界は未だに殺し合いが続き、国内政治は大混乱、経済は不況で失業者があふれ、社会は混乱している。

おやじの身辺にも永遠の別れが多くて、身体の不調で床に臥せっている人たちが多くなった。

お陰で我が身は何とか直接 人様のお世話にはならなくて良かったが、体力の衰えは日に日に進んで行くのを実感する。

だが東日本大震災で肉親とわかれ、未だに仮住まいで生活しておられる方々を思えば贅沢は言ってはおれない。

数時間後に迫る2013年こそは希望の持てる年であってほしい、と願うのみだ。

「上見リャきりなし、下見てもきりはない」。お釈迦様の遺言のひとつ、「少欲知足」で気持ちを持ち直して乗り切ろう。

ありがたや、ありがたや。
スポンサーサイト



 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

だべりおやじ

Author:だべりおやじ
「だべり小屋」主宰
次の方 小屋入室大歓迎
1、あつかましい人
2、気を遣わない人
3、義理欠く人
4、マイセルフの人
心身ともに、ころもを脱いでお入りください。

 「だべり小屋讃歌」    
    益田兼大朗 作詞作曲  
1、夕日が落ちて 吹く風が
  やさしくつつむ 夕暮れに
  おいで集まれ みんな来い
  明日の夢を話そうよ
  若狭瓜生の だべり小屋
  呑んで歌って また呑んで
  これからは これからは
   あなたも 私も
  仲間同士になりました

2、3, 略

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん