ひげなしおやじのひとりごと

田舎暮らし、旅と粘土遊び

御嶽山を思う

御嶽山が噴火した。過去に数回登ったことのある山だ。直近では昨年の7月13日に長野県側から家人と二人で8合目まで行き、脚力不足で折り返したモノだ。だがきわめて優しい山で特に歌にあるように「夏でも寒いヨイヨイヨイ」から涼みにはもってこい、の場所なのであった。

しかし自然をなめてかかると、時折牙を剥く。

テレビで麓の「開田高原」からの中継を懐かしく見た。オヤジはここの旅籠に泊まって涼しさを味わったモノだ。

難に逢った人々のすくなからんことを願うのみだ。
スポンサーサイト



 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

だべりおやじ

Author:だべりおやじ
「だべり小屋」主宰
次の方 小屋入室大歓迎
1、あつかましい人
2、気を遣わない人
3、義理欠く人
4、マイセルフの人
心身ともに、ころもを脱いでお入りください。

 「だべり小屋讃歌」    
    益田兼大朗 作詞作曲  
1、夕日が落ちて 吹く風が
  やさしくつつむ 夕暮れに
  おいで集まれ みんな来い
  明日の夢を話そうよ
  若狭瓜生の だべり小屋
  呑んで歌って また呑んで
  これからは これからは
   あなたも 私も
  仲間同士になりました

2、3, 略

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん