ひげなしおやじのひとりごと

田舎暮らし、旅と粘土遊び

不可思議なこと

先日のことである。車の運転感覚を忘れないようにと、家人とともに近くの「若狭西街道」を走ってみた。
すると田舎の片隅に農産物の直売所があった。

立ち寄ると新鮮な野菜類が並んでいる。ここを通るのはずいぶん久しぶりである。客は誰もいない。店員は中年の女性だけだ。

「ここは開店してかなり経ったの?」とおやじ、から会話が弾んだ。そして話している間に記憶がはるか昔にさかのぼった。

「ここは○○という集落ですねえ。」  「はい、そうです。」   「あなたはこの近くの人?」   「はい」   「ではお聞きしますが、昔、○○会社にお勤めしてしておられた方のお嬢さんで、○○銀行に勤めておられて、京都の八木にお嫁に行かれた方をごぞんじですか?」  「はい、私の義姉です」   「へーっ、奇遇やねえ、」とおやじから会話がどんどんと進んでいった。


さらに  「ご両親はお元気?」    「私は若嫁で義父は亡くなりましたが義母は少し歳をとりましたがどうにか、過ごしています。お姉さん(義姉)が時々帰郷して、あちこちドライブに連れて行ってくれます。」等々とのこと、話は尽きない。

そこへ一台の車が入って来た。中からは二人の女性が下りてきた。すると若いほうの人がおやじをじっと見つめて「もしや○○さんではないですか?」とのこと、「そうですが・・・・・・」とじっと見つめると、どこかで見かけたことのある方だ。じっと見つめていると、おやじは病いのせいもあって忘却の彼方へと行ってしまった40年以上昔へとさかのぼった。、面影が残るおやじが銀行で共に働いていて媒酌人をさせていただき、いま噂をしていた、花嫁ではないか。昔の可愛い女子行員の姿がよみがえってきた。40年以上前との再会であった。

「噂をすればなんとやら」というが、あまりにもでき過ぎた「出会い」にしばし呆然とした。偶然にしてはでき過ぎている。

この時間にこの場所でこの人との数十年ぶりの出会いは、全くでき過ぎている。このような出会いは、物理的にも宗教的にも極めて「不可思議」なことに驚くばかり、神の存在を知らされたようであった。

偶然では済まされない、まさに現在における「怪奇現象」と言わざるを得ない。

「無神」を貫いてきたおやじもここで考えを新たにするべく、頭の大転換を必要とするべきか、いずれにしても大きな出来事が起きたことは事実である。        「神」の存在はあるのか。

スポンサーサイト



 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

だべりおやじ

Author:だべりおやじ
「だべり小屋」主宰
次の方 小屋入室大歓迎
1、あつかましい人
2、気を遣わない人
3、義理欠く人
4、マイセルフの人
心身ともに、ころもを脱いでお入りください。

 「だべり小屋讃歌」    
    益田兼大朗 作詞作曲  
1、夕日が落ちて 吹く風が
  やさしくつつむ 夕暮れに
  おいで集まれ みんな来い
  明日の夢を話そうよ
  若狭瓜生の だべり小屋
  呑んで歌って また呑んで
  これからは これからは
   あなたも 私も
  仲間同士になりました

2、3, 略

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん