ひげなしおやじのひとりごと

田舎暮らし、旅と粘土遊び

わが人生の区切り

jin.jpg

8月末でこのブログも、カウンターによると2400回を迎えた。毎日の公開を目標に日々あるがままのことを記事にして、よくここまで来たものだ。

そのせいか右手の指が慣れないパソコン操作で、痛みが走ったこともあって今も少し後遺症が残っている。(焼き物作りの土練りの後遺も重なる)、

わが年齢も傘寿の80歳、日本人の平均寿命も超えることができた。

思い返すと1953年に高校卒業以来、バンカーとしてあちこちと転勤しながら20年、

退職後立ち上げた株式会社「アウトピアー」も1974年創業以来、この8月で41期目の決算を迎えることができた。

後継者が無事に黒字決算を続けてくれていて、ここまでなんとか来ることができたのはひとえに親しくお付き合いいただいた諸氏の皆さまのおかげと感謝あるのみだ。

オヤジも少しく老化の兆しがみえて、チグハグを自覚、諸事に一区切りつけようと、このブログも不定期の公開に切り替えようと思った次第。

明日からは思いのまま、思いつき次第の公開に、ご容赦いただくようにお願い申し上げます。長らくのご愛読、誠にありがとうございます。

深謝申し上げるとともに今後ともなにとぞよろしくお願い申し上げます。

皆さまのご好意に甘えながら、残り少ない人生を、なにものにも捉われずに楽しく過ごしていくつもりです。

身体の続く以上、自由な身になりたく考えております。(現在もフリーですが。)今後とも気ままオヤジをよろしく。

ただ、放浪癖だけは今もかわらず、小さな車で馴れない、最新のメカとナビを駆使して、アチコチとあてのない道を走り抜ける日常だけは不変です。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://daberigoya.blog105.fc2.com/tb.php/2402-f8bb5a34

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

だべりおやじ

Author:だべりおやじ
「だべり小屋」主宰
次の方 小屋入室大歓迎
1、あつかましい人
2、気を遣わない人
3、義理欠く人
4、マイセルフの人
心身ともに、ころもを脱いでお入りください。

 「だべり小屋讃歌」    
    益田兼大朗 作詞作曲  
1、夕日が落ちて 吹く風が
  やさしくつつむ 夕暮れに
  おいで集まれ みんな来い
  明日の夢を話そうよ
  若狭瓜生の だべり小屋
  呑んで歌って また呑んで
  これからは これからは
   あなたも 私も
  仲間同士になりました

2、3, 略

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん