ひげなしおやじのひとりごと

田舎暮らし、旅と粘土遊び

法要の季節

今、新築なった菩提寺から帰宅したところだ。

田舎では9月に入ると各家では先祖法要の季節に入る。我が家でも今年はオヤジの祖母の100回忌が営まれた。もちろん見たこともない「おばあちゃん」の法要だ。今回は菩提寺での合同法事に参加した。当地では100回忌が最終の法要となる。
この地方ではこれ以上は「神となる」と伝えられてきている。過去帳によると当家では最も古い仏は300年以上が経過している。

新築なった菩提寺での初めての参詣と相成った。最近のお詣りは座椅子が準備されているから足が楽だ。

昨日も娘が嫁いだ亀岡のお宅の母と祖母との3回忌であったが、今日のこともあって欠礼させてもらった。永く生きると仏事に参加する機会が増える。そして今に我が身の順番も過去帳に記載される日が回ってくる。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://daberigoya.blog105.fc2.com/tb.php/2404-5b60a738

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

だべりおやじ

Author:だべりおやじ
「だべり小屋」主宰
次の方 小屋入室大歓迎
1、あつかましい人
2、気を遣わない人
3、義理欠く人
4、マイセルフの人
心身ともに、ころもを脱いでお入りください。

 「だべり小屋讃歌」    
    益田兼大朗 作詞作曲  
1、夕日が落ちて 吹く風が
  やさしくつつむ 夕暮れに
  おいで集まれ みんな来い
  明日の夢を話そうよ
  若狭瓜生の だべり小屋
  呑んで歌って また呑んで
  これからは これからは
   あなたも 私も
  仲間同士になりました

2、3, 略

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん