ひげなしおやじのひとりごと

田舎暮らし、旅と粘土遊び

近くの溫泉へ

寒い日には「溫泉に限る。湯治を兼ねて近くの滋賀県マキノの「きららの湯」に行ってきた。
以前はガラガラだったのが最近は高齢者の仲間が増えて、開店早々から結構混み合っていた。
団塊の世代が仲間入りしたからだろう。

隣接するスキー場はちびっ子専用の「ソリ」の遊び場で観光バスがかなり入っていて繁盛している。
成人のスキー場は廃止したからかえってこの方が良かったかも知れない。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://daberigoya.blog105.fc2.com/tb.php/2409-f7033406

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

だべりおやじ

Author:だべりおやじ
「だべり小屋」主宰
次の方 小屋入室大歓迎
1、あつかましい人
2、気を遣わない人
3、義理欠く人
4、マイセルフの人
心身ともに、ころもを脱いでお入りください。

 「だべり小屋讃歌」    
    益田兼大朗 作詞作曲  
1、夕日が落ちて 吹く風が
  やさしくつつむ 夕暮れに
  おいで集まれ みんな来い
  明日の夢を話そうよ
  若狭瓜生の だべり小屋
  呑んで歌って また呑んで
  これからは これからは
   あなたも 私も
  仲間同士になりました

2、3, 略

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん