ひげなしおやじのひとりごと

田舎暮らし、旅と粘土遊び

長寿のわがふるさと

長らく病床に伏していると.,健康についての情報が気になる。

今朝の「日本経済新聞、日曜版」にこんな記事が出ていた、

47都道府県中で、平均寿命が日本一で、がんの死亡率も全国で最も低いのが長野県です。逆に、ともにワーストなのが青森県です。厚生労働省の調査では、2013年の青森の男性の喫煙率は全国1位、女性も2位でした。


 別の調査からも、青森は肥満指数がトップ級で、酒を飲む人の割合も食塩摂取量も高い傾向がある一方、野菜摂取や1日の歩数が足らないというデータが出ています。長野県民は喫煙も肥満も少なく、野菜摂取量は男女とも1位ですから、その差は歴然です
オヤジはいつも冬にはスキーや溫泉で長野県で過ごす時間が多かったのは良かったのか、今や5月で81歳の誕生迎えるオヤジである。、

またわが住む福井県は男80.47歳で第三位と長寿県に入る。良いところに住んでいるモノだ、と一安心、ちなみに今朝の血圧は少し低めであった。


都道府県別では、日本一長生きの県は男女ともに長野県で、男性80.88歳、女性87.18歳です。長野県はまさしく長寿の県といえますね。男性の順位は、2位が滋賀県の80.58歳、3位が福井県の80.47歳となります。女性の順位は2位が島根県の87.07歳、3位が沖縄県の87.02歳となります。また、平均寿命の短い県は男女ともに青森県で、男性が77.28歳、女性が85.34歳でした。青森県は男女の平均寿命の差が8.06歳で、全国で最も大きい差となります

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://daberigoya.blog105.fc2.com/tb.php/2412-f272d40d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

だべりおやじ

Author:だべりおやじ
「だべり小屋」主宰
次の方 小屋入室大歓迎
1、あつかましい人
2、気を遣わない人
3、義理欠く人
4、マイセルフの人
心身ともに、ころもを脱いでお入りください。

 「だべり小屋讃歌」    
    益田兼大朗 作詞作曲  
1、夕日が落ちて 吹く風が
  やさしくつつむ 夕暮れに
  おいで集まれ みんな来い
  明日の夢を話そうよ
  若狭瓜生の だべり小屋
  呑んで歌って また呑んで
  これからは これからは
   あなたも 私も
  仲間同士になりました

2、3, 略

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん