ひげなしおやじのひとりごと

田舎暮らし、旅と粘土遊び

草津宿へ

「中山道」と「東海道」が交わる「草津宿」を訪ねた。

JR草津駅を降りて商店街を抜けると「右東海道、左中山道」の標識が立つ三叉路を
直進するとここは「草津宿本陣」跡である。

江戸時代には、本陣2軒、脇本陣2軒、旅籠70軒余を構えたところだ。

まだ人出が少ない午前中とて、ゆっくりと陣内を見学した。

今でいうと大高級ホテルの跡だ。 • 東海道では江戸日本橋から52番目、中山道からは67番目である。ここまでの長旅ももう少しで目指す京の三条大橋もあと少し、ホット一息と、身体を休めたことだろう。その雰囲気が今も残っている。

殿様用のトイレ、バス、寝室、応接間等がそのまま保存されていていつまでいても飽きることはなかった。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://daberigoya.blog105.fc2.com/tb.php/2428-3a09ef40

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

だべりおやじ

Author:だべりおやじ
「だべり小屋」主宰
次の方 小屋入室大歓迎
1、あつかましい人
2、気を遣わない人
3、義理欠く人
4、マイセルフの人
心身ともに、ころもを脱いでお入りください。

 「だべり小屋讃歌」    
    益田兼大朗 作詞作曲  
1、夕日が落ちて 吹く風が
  やさしくつつむ 夕暮れに
  おいで集まれ みんな来い
  明日の夢を話そうよ
  若狭瓜生の だべり小屋
  呑んで歌って また呑んで
  これからは これからは
   あなたも 私も
  仲間同士になりました

2、3, 略

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん