ひげなしおやじのひとりごと

田舎暮らし、旅と粘土遊び

年寄りの運動

梅雨に入り、運動不足が気にかかる。そこで永らくご無沙汰している京都を目指した。

おそらく今は観光客も少なくて、老齢者にもゆっくり歩くことができるだろうと、雨の中を「近江今津」からJ℞の新快速に乗った。
途中、「山科」で地下鉄に乗り換え「京都市役所前」で下車する。
ちょうどお昼時でまずは腹ごしらえと。いつも行く河原町通りの寿司屋「魚心」で「ビール」と「松花堂弁当」に。少々待ったがどうにかありついた。

行く宛てもなくぶらつく。同じ通りの「丸善」で書籍を探索、以前はよく来たところだがずいぶん久しぶりだ。閑散としている。

化粧室に入るとなんとセレブなホテルのような部屋である。人影もなく思い切ってゆっくりと用を足した。すると小休憩所には素晴らしいソファがおかれているではないか、ここぞとばかりにどっかりと腰を下ろして呼吸を整え、スマホを広げてニュースを見る。かなりの時間をくつろいだが誰にも会わない。いいところを見つけた。精神を落ち着かせたあと、地下2階の書籍売り場に向かう。

電子書籍で読むようになってからは町の本屋さんに入るのは何年ぶりか、そのせいか、レジの店員は暇そうだ。世の流れは無情だ。

顧客状況は大幅に変化、地方の小さな本屋はほとんど淘汰されてしまった。こんな大書店でもが世の変化に付いていかなくなりつつあるのだ、

新書版を3冊手に入れて次は四条通をぶらぶら、相も変わらず、外人客が多くすれ違う、

いつもの「高島屋」は今日はパス、そして市内バス5番で京都駅に引き返すことに。
伊勢丹でおなじみの「御座候」を購入、おやつとして車内でかぶりついた。外は雨の降り方が本格化してきた。早く帰ろうっと。

あーあ、結構疲れた、帰宅後、ウオーキングをスマホで今日の歩数を見ると6060歩、距離は3,8キロと出ている。
一昨日は三千院周辺をで5200歩、3.5キロ歩いているから歳も考えて本日はこれにておしまい!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://daberigoya.blog105.fc2.com/tb.php/2434-3125c735

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

だべりおやじ

Author:だべりおやじ
「だべり小屋」主宰
次の方 小屋入室大歓迎
1、あつかましい人
2、気を遣わない人
3、義理欠く人
4、マイセルフの人
心身ともに、ころもを脱いでお入りください。

 「だべり小屋讃歌」    
    益田兼大朗 作詞作曲  
1、夕日が落ちて 吹く風が
  やさしくつつむ 夕暮れに
  おいで集まれ みんな来い
  明日の夢を話そうよ
  若狭瓜生の だべり小屋
  呑んで歌って また呑んで
  これからは これからは
   あなたも 私も
  仲間同士になりました

2、3, 略

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん